onepage

自社のホームページを作りたいという企業が増えてきています。しかし漠然と「内容は任せるから、とにかくホームページを作ってほしい!」とのご依頼が多く、その内容やコンセプトが決まっていないというのが実に9割を占めます。

おもに「競合他社に勝る要素」「見込み客に選ばれる理由」を選定し企画・ご提案を行っていますが、実際に国内の企業のホームページを見ると、それができていないケースがほとんど。ホームページ作成の依頼の前に、今回ご紹介する4つのポイントを押さえて制作側へ伝える事で自社のホームページをより生きたコンテンツにすることが可能になります。

企画・戦略策定を必ず行う

企画がすべての基礎

インターネットが身近な存在になっている今、いくつものホームページを比較してメリットの多い企業を選ぶことは非常に容易です。この競争の中で優位に立てないホームページに決して勝ち目はありません。「売れる」ホームページにするには、企画段階でのマーケティング・戦略策定が非常に重要になってきます。

企画・戦略は全ての基礎、成功への重要な第一歩です。基礎である企画・戦略がうまくいっていないと成功はおろか、その後の工程がすべて無駄になってしまいます。企画の段階で優れた戦略があれば、それをうまく表現するだけで成功につながるのです。

競争優位を作っておく

例えば、中小企業が顧客獲得を目指すのならば、ターゲットを広げすぎないこともポイントです。「ランチェスター戦略」をご存知でしょうか。小さな企業には小さな企業なりの戦略があります。中小企業だからこそ、ターゲットを絞って競争優位を作ることが基本的な戦略であることも頭に入れておく必要があります。「売れる」ホームページには入念な戦略策定・経営環境の分析を行った競争優位を作ることが重要なのです。

魅力的なコンテンツ作り

心に響く原稿を書く

ホームページには魅力的なコンテンツも大切です。いくらカッコいいデザインのホームページを作っても、中のコンテンツが魅力的でなければ顧客は目を通してくれませんし、ただの通過点として忘れられてしまうでしょう。重要なのは、「自社を選ぶべき理由・メリット」が顧客に伝わる事。ホームページ内のコンテンツの原稿を作成する際は、ここがいかに明確に伝わるかを意識することが基本中の基本です。

プロの手を借りる

ホームページのコンテンツの原稿は、社内の企画書や報告書などと違い「顧客の心に響く内容」であることが求められます。ただ淡々と製品やサービスの内容・特徴を書き連ねても、顧客の心に響かず最後まで目を通してもらえません。コピーライティングに慣れた担当者がいない場合には、原稿作成もカバーしてくれる制作会社に見積もりを相談するのも賢明な判断と言えるでしょう。

デザインの注意点

デザインはコンテンツの引き立て役

顧客の心に響くコンテンツが出来たら、ホームページのデザインで飾りましょう!しかしただカッコよく、かわいくキレイに見せる事だけが目的ではありません。いかに顧客の興味を引き付け、顧客に分かりやすく自社の魅力を伝える事ができるかこそが企業のホームページのデザインです。

はっきり言うと「ダサい」ホームページは誰の興味も引きません。しかし重要なのは訴求力です。単に見栄えを良くすればいいという訳ではなく、いかに顧客に訴求できるかを意識しする事が大切です。

消費者目線でのデザインを

自身が顧客になったつもりで考えてみてください。パッと見てメリットがありそう、おもしろそう!という印象を受けなければ、そのホームページを隅から隅まで見てみようという気にはならないのではないでしょうか。

ホームページが「売れる」かどうか左右するポイントは一瞬で顧客の興味を引き、その先に魅力が分かりやすく伝わるコンテンツ・デザインがあるか?です。消費者としてこのデザインは興味を引くか?顧客になりたいと思うか?という観点で制作を進めていきましょう。

アクセス誘導のための戦略

ホームページを作って終わり!ではありませんよね。アクセスを集めるための誘導が必要です。代表的なアクセス誘導対策の実例をご紹介します。

ブログを書く

ブログを書く作業は手間がかかりますし、効果が目に見えるようになるには時間もかかりますが、売り込みたいキーワードや戦略を意識した内容で書くと、大きなアクセスに繋がる効果的なコンテンツです。ブログには具体的に以下のようなメリットがあります。

・検索エンジンからのアクセスを誘導できる

・消費者の購買意欲を高め、見込み客を自社の顧客に取り込める

・消費者との親近感を高める事ができる

定期的に戦略を意識した情報を発信することで、自社のホームページを「生きたコンテンツ」にすることが可能です。

リスティング広告

リスティング広告(検索連動型広告)とは、ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードに連動して表示される広告の事。ピンポイントに広告を表示させることができるので即効性があり、非常に効果的です。

費用や技術は必要になってきますが、必要としているユーザーに直接訴求できる効果的な運用です。売り込みたい製品やサービスにしっかりと差別化をはかり、質の良いホームページ制作をすることによって、潜在顧客をしっかり自社の顧客へ取り込むことができるでしょう。

まとめ

なんの知識もなく漠然とした意図のままホームページを作っても、大きな損失になってしまうリスクさえあります。企画・戦略がしっかりしていること、コンテンツが魅力的であること、アクセス誘導のためのメンテナンスを怠らないこと…これだけ書くと手間がかかる印象ですが、それだけの効果を必ずもたらしてくれます。今回ご紹介したポイントをおさえて、ホームページ制作・リニューアルに取り組めば、企業にとって素晴らしく価値のあるコンテンツに成長してくれるでしょう。

The following two tabs change content below.
かなぴょん

かなぴょん

うさぎと暮らす動物大好きOL。趣味はファッションと2時間ドラマとお弁当箱あつめ。おいしいものとビールがあれば何より幸福。いつもラーメンを食べている。世の中のいろいろなしくみに興味があります。