onepage

メッセージSNS「LINE」の普及率は数年で急成長し、日常に欠かせない連絡ツールとなりました。

2011年のサービス開始以来ユーザーは増え続け、いまや日本人の2人に1人が利用していると言われています。

このLINEのサービスのひとつ「LINE@」をご存知でしょうか。販促ツールとして非常に効果的で、多くの企業が導入し成功しています。

 

 

LINE@とは

LINE@とは事業者向けのLINEアカウントで、多数のユーザーへ向けた情報発信・コミュニケーションが可能なツールです。

お店で「LINEお友だち登録してね!」などのPRを目にしたことはありませんか?顧客にLINEの「友だち」として自店舗のアカウントを登録してもらい、従来の「メルマガ」のように情報やクーポンを発信することができます。

問い合わせに1:1で対応したりタイムラインに商品やイベントの情報を掲載することもできます。メルマガよりもリアルタイムで情報が届きやすく即効性があり、顧客にも親近感を持ってもらえます。

LINEの普及率が高い今、LINE@を販促に活用しない手はありません!

 

公式アカウントとの違い

LINEには企業や著名人・公的機関などの「公式アカウント」も存在します。

公式アカウントは初期費用約800万円・月額250万円~。友だちの数やメッセージの配信数に応じて費用が変化し、月額1,000万円ほどになることも。スタンプの配信には別途約2,000万円の費用が発生します。

ストリーミング配信や配信情報の最適化など、独自に利用できる機能がありますが、その分莫大な費用が掛かります。

一方、LINE@の費用は無料で始められるプランもあり、最高でも月額21,600円。費用が安い分、使える機能が少ないのでは……?と思われがちですが、実は使える機能の8割が同じ!情報の配信・コミュニケーションツールとしては何の遜色もないのです。

ユーザーにはこのように情報やクーポンが届きます。

 

LINE@活用事例

実際のLINE@活用成功事例をご紹介します。

 

アパレルブランドの例

LINE@で友だち登録した顧客にセール告知や新商品の情報をこまめに配信。
一度のセール告知で50万円もの売上になることも。

 

イタリアンレストランの例

顧客の足が遠のく悪天候の日に「雨の日限定ドリンク無料クーポン」をLINE@で当日に配信。
通常の悪天候の日よりも売上が3万円以上UP。

 

女性向け下着ブランドの例

店頭で「LINEで友だちになって5,000円以上購入すると500円OFF!」と案内。
商品を追加購入する顧客が増加し、客単価のUPにつながった。

 

百貨店の例

先着10,000名・1,000円以上の買い物でプレゼントがもらえる!というキャンペーンをLINE@で告知。
対象の売上は5,000万円以上、客単価は7,000円近くにのぼった。

 

アミューズメント企業の例

ビリヤードなどのプレイ時間延長無料・1ゲーム無料・ボウリングシューズレンタル無料などのクーポンを続々配信。
中でもシューズレンタル無料クーポンの利用率が80%となった。

 

ネットスイーツショップの例

従来のメルマガでは3%にも満たなかったクリック率が、LINE@では10倍以上に増加。
商品の認知度も上がり、LINEユーザーの客単価が圧倒的に高い傾向がみられるようになった。

 

このように、LINE@は事業形態を問わず効果が見られています。百貨店の例を見ると、若年層だけでなく顧客ターゲットが比較的高い年齢層の業種でも有効であることがわかりますね。

新規顧客の獲得・リピート率のUPに効果的なので、店舗系・ネット販売のビジネスには特にLINE@を活用すべきと言えるでしょう。

 

 

LINE@登録方法

①LINE@のサイトへアクセス

あらかじめLINEアプリをスマホ・PCでダウンロードしてアカウントを作成しておきましょう。

公式ページへアクセスし「LINE@アカウントを作成する」をクリック。

 

②認証済アカウントを申し込む

 

「認証済アカウントを申し込む」「一般アカウントを作成する」と表示されますので、「認証済アカウントを申し込む」を選択。

認証済アカウントとは、所定の審査を経て作成できる法人・個人事業主専用のアカウントです。

 

③アドレスを入力し登録

一般のアカウントでログインしアドレスを入力。今後「LINEビジネスセンター」のアカウントとして使用するアドレスとになります。

入力後、LINEビジネスセンターから登録用のURLを記載した確認メールが届くので、アクセスし必要事項を入力していきましょう。

特典のかわいい販促グッズで目を引きましょう!

 

④申し込み事項を入力

登録が完了したら、トップページに遷移します。「提供サービス」の中からLINE@を選択しクリック。

LINE@の申し込み画面になるので「認証アカウント」をクリックし、続くアカウント作成画面に必要事項を入力していきます。

 

⑤審査結果の連絡を待つ

認証アカウントの審査結果が登録したメールアドレスに届いたら完了です!

審査完了までは一般アカウントとしてLINE@を利用可能です。期間は10日~2週間ほど。申請が集中しているとこれより時間がかかる場合もあるようです。

 

 

まとめ

普及率の高いLINEでの販促活動ができるLINE@はかなり「アツい!」ことがお分かりいただけたでしょうか?

チェーン店などでも店舗ごとにアカウントを作成できますので「◎◎店のお友だち限定クーポン」「〇〇マラソン応援セール!」など地域に密着したマーケティングにも非常に効果的です。

無料プランで始めてみて効果があらわれてきたらランクアップする、という利用方法もできます。新規顧客の獲得・リピーター獲得に効果的なLINE@を今すぐ始めましょう!

 

 

The following two tabs change content below.
かなぴょん

かなぴょん

うさぎと暮らす動物大好きOL。趣味はファッションと2時間ドラマとお弁当箱あつめ。おいしいものとビールがあれば何より幸福。いつもラーメンを食べている。世の中のいろいろなしくみに興味があります。