Reactの副業は土日だけでも稼げる?仕事内容や未経験からの案件獲得方法を徹底解説

「Reactの副業は土日だけでもできる?」

「Reactで稼ぎたいけど未経験者だから何から始めたらよいかわからない」と悩んでいませんか?

Reactの副業を始めてみたいけれど、土日しか時間が取れず仕事の受注方法が分からなくて諦めている人も多いはず。

当記事では、Reactの特徴から将来性や単価相場、仕事内容や案件獲得方法まで解説しています。

また、React未経験から副業案件を獲得するまでを5ステップで解説しています。

Reactの副業に挑戦したい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の内容

Reactの副業は今から始めても遅くない理由

Reactの副業は今から始めても遅くありません

なぜなら、 Reactの副業案件はこれからも伸び続けると予想されているためです。

また、 Reactの未経験者でも、Reactのスキルを身に付ける順番を守れば、今からでも十分間に合うほどReactは伸びています。

ここでは、Reactの副業は今から始めても遅くない理由を解説します。

需要が多いため副業案件が多い

Reactの副業は、なぜ今から始めても遅くないのか。

その理由は、インターネットで検索されているキーワードで説明します。

下記にある図表は、Googleが公表している、過去3年間の世界と日本で検索された、フレームワークに関する検索結果です。

代表的な3つのフレームワーク、「青のReact」「赤のVue」「黄のAngular」を比較しています。

この図表によれば、世界中でも日本国内でも「青のReact」は、常にインターネットで検索をかけられており、関心の高さがうかがえます。

引用元:Google Trends「過去3年間 世界」 (2023年11月時点)

引用元:Google Trends「過去3年間 日本」(2023年11月時点)

また、Reactの市場価値の高まりに伴い、Reactの案件は増加してきています。

Webサイトやスマートフォンの急激な普及により、Reactの需要が国内外で大きく増加しているためです。

そのため、Reactエンジニアの需要が年々高まっています

Reactの仕事内容は多岐にわたり、稼げるチャンスも豊富なため、今からでも十分稼げるのです。

完全在宅で仕事ができる

Reactの副業案件は、完全在宅に向いている仕事です。

下記の図表は、2023年11月時点でフリーランスHubで掲載されていた、Reacの求人案件を対象に調査した結果です。

15,932件のReacの求人案件に対して、在宅案件が11203件(70.4%)で、常駐案件は4702件(29.6%)でした。

結果としてReacの求人案件は、在宅案件が全体の70%以上となり、在宅案件が多いことが伺えます。

Reactは、Webサービス開発に使われるフロントエンドライブラリのため、在宅作業に最適です。

また、クラウドソーシングサイトでは受注から納品まで、すべてオンラインで完結するため、在宅作業ができます。

さらに、フリーランスエージェントにもReactの副業案件が豊富にあるため、在宅での副業を検討しているエンジニアにとっても理想的です。

上記の理由からReactのスキルを持つエンジニアは、完全在宅で仕事ができる場合が多いです。

引用元:フリーランスHub

土日や週1~3日案件もある

Reactの副業案件は、土日や週1〜3日のみの稼働でも可能な案件が多いです。

多くの副業ワーカーは、平日は本業で忙しいため、休日だけの副業を希望している傾向にあります。

クラウドソーシングサイトなら「土日のみOK」「週1可能」という案件も見られ、納期を守れば稼働時間や曜日に制約はありません。

初心者や限られた時間しか副業に割けない方にとっても、Reactの副業案件は取り組みやすいといえます。

Reactの副業案件の単価相場

Reactの副業案件の単価相場について解説します。

以下の表は、Reactの副業案件の平均単価と最高単価についてまとめたものです。

引用元:レバテックフリーランス

Reactの副業案件単価は、経験やプロジェクトの種類によって異なります。

経験豊富なエンジニアは、高度なスキルと実績を評価され、高単価案件の獲得が見込めます。

Reactの平均単価は77万円となっていますが、クライアントの要望に応えられるスキルがあれば、高単価案件にも挑戦できるでしょう。

一方、経験が少ない場合、単価は低く設定されがちです。

こうした状況下での案件には、テスティングや基本的な開発作業が含まれ、単価相場は約20万円前後となります。

Reactの初心者でも取り組みやすい案件がありますが、単価は経験に応じて変動することを理解しておくことが重要です。

React副業案件の種類と仕事内容

Reactの副業案件には、どのような種類があるのでしょうか。

ここでは、案件の種類とその仕事内容、募集内容の案件例を交えて解説します。

  • 開発のサポート
  • アプリの開発
  • システムの開発
  • Webサービスの開発

開発のサポート

Reactの開発サポートは、Reactを用いたWebアプリケーションやWebサイト開発における技術的なアドバイスや問題解決を提供する仕事です。

Reactの知識を持つエンジニアは開発現場で大変重宝され、専門知識と問題解決能力が求められる貴重な存在です。

フルリモートや週に数日の勤務など、副業に適した条件も多く用意されており、Reactの専門知識を活かして柔軟に働けます。

このように、Reactの開発サポートは、エンジニアとしてのキャリアにおいて重要な役割を果たし、副業としても非常に魅力的な選択肢となっています。

▼開発のサポートの案件例

引用元:レバテックフリーランス

アプリケーションの開発

スマートフォンユーザーの急増に伴い、スマートフォンアプリケーション開発案件が増加しています。

Reactはこの分野で、特に人気のあるフロントエンド・ライブラリです。

Reactスキルを持つ開発者は、AndroidやiOSといった複数のOSに対応ができ、効率的なアプリケーション開発ができる人材として需要があります。

Reactを使用したアプリ開発案件は多様で、基本設計から開発までの一連を行う案件や、分担作業、設計後の実装作業のみを行う案件など、さまざまな作業形態があります。

▼アプリケーション開発の案件例

引用元:レバテックフリーランス

システムの開発

Reactの副業案件では、フロントエンド開発の需要が高く、UI/UXデザインやユーザビリティへの理解、クロスブラウザ対応などの専門スキルが重視されます。

Reactの特徴である、仮想DOMによる高速化やSPAの動作速度の再現などは、フロントエンド開発で活かされるでしょう。

そのため、Reactのスキルがあると、効率的かつ高品質なフロントエンド開発に貢献し、副業案件の獲得が容易になります。

フロントエンド開発では、Reactを習得している開発者がスマートフォンアプリケーションの開発案件を獲得しやすい傾向にあります。

▼システム開発の案件例

引用元:レバテックフリーランス

Webサービスの開発

近年では、SPA(シングルページアプリケーション)の重要性が高まり、これに伴いReactの需要も増加中です。

SPAでは、ユーザーが一つのページで情報を取得し、インタラクティブな操作を実現できるため、ユーザーエクスペリエンスの向上に大きく貢献しています。

Reactは、そのコンポーネントベースのアーキテクチャと仮想DOMを利用することで、複雑なUIの実現やパフォーマンスの最適化に優れており、Webサービスの開発において重要な役割をしています。

Reactを習得することで、技術的なアドバイスや問題解決の支援ができ、副業においても大幅な収入アップが期待できるでしょう。

▼Webサービス開発の案件例

引用元:レバテックフリーランス

Reactの副業をするために必要なスキル・経験

ここでは、Reactの副業をするためには、どんなスキルや経験が必要なのか

特に必要とされるスキル・経験を解説します。

  • リモートワークのスキル
  • Reactの実務経験
  • フロントエンド開発全般的なスキル

リモートワークのスキル

現代のリモート副業環境では、特定のツールの使用経験とコミュニケーションスキルが必須です。

リモート開発の現場で頻繁に使われる「GitHub」や「Docker Hub」のようなプラットフォームでソースコードの共有やコンテナ管理が行える能力が求められます。

また、リモートワークにおいては、対面でのコミュニケーションがないため、文章による意図の正確な伝達が重要です。

これらのスキルは、複数の担当者と連携するプロジェクトで価値を発揮します。

リモート副業では、これらのコミュニケーションスキルとツール使用スキルを兼ね備えた人材が重宝されます。

Reactの実務経験

Reactの副業案件では、実務経験が不可欠です。

クライアントは、即戦力となる経験豊富なエンジニアを求めています。

副業の場合はポテンシャル採用よりも、スキルや経験が重視されるため、自分の判断で仕事を進められる、2〜3年の実務経験が理想的です。

とはいえ、Reactの経験がなくても、JavaScript関連の開発経験があれば、応募するチャンスはあります。

フロントエンド開発全般的なスキル

Reactの副業案件では、フロントエンド開発が中心です。

このため、HTML/CSSの技術やUI/UXに関する基礎知識、さらに実装経験が必要です。

また、Webデザインの経験やSEO知識があれば、より多くの案件に対応できます。

これらのスキルは必須ではありませんが、フロントエンド開発の幅広い知識があれば、案件の選択肢が広がり、より高単価の副業を狙うことも可能です。

Reactの副業案件では、これらのスキルを持つ開発者が重宝されます。

Reactの副業案件を確実に獲得できる5つの方法

Reactの副業案件を確実に獲得するためには、次の5つの方法があります。

この方法をためせば、必ず副業案件が見つかります。

  • 知人に紹介してもらう
  • お付き合いのある企業に声をかける
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • SNSを活用する
  • エージェント会社に登録して探す

知人に紹介してもらう

副業案件を探す際、知人から紹介を受けるのは有効な手段です。

知人はあなたのスキルや性格を理解しているため、あなたに合った案件を紹介してくれる確率が高いでしょう。

Reactの副業案件は、スキルの種類が多様なため、得意分野の案件紹介を受けることが重要です。

また、すぐに案件が見つからなくても、将来的に声がかかる可能性があります。

知人のネットワークを活用することは、副業案件を確実に獲得する方法の一つです。

お付き合いのある企業に声をかける

仕事で付き合いのある企業に声をかけることも、副業の案件の獲得には有効な手段です。

積極的に契約してくれた企業ほど、あなたのスキルや仕事ぶりを理解しており、 仕事を提供してくれる可能性に期待できます。

また、同じような条件のクライアントを紹介される場合もあり、新たな契約に繋がりやすくなります。

なお、無差別に紹介を求めるのではなく、契約につながりやすい人からの紹介を重視することが大切です。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサイトを活用すれば、柔軟な働き方ができます

単発案件や初心者向けのプロジェクトを豊富に提供しており、新しいスキルを身につけ実務経験を積むために最適なプラットフォームです。

ただし、これらの案件の単価は一般的に低めであるだけでなく、さらに手数料もあるため、コスパに注目して仕事の選択をしましょう。

とはいえ、未経験者や初心者がReactの副業を始める上での良い選択肢の一つであり、スキルの向上と経験積み重ねの機会があるといえます。

SNSを活用する

SNSを通じた情報発信は、Reactの副業案件を獲得する効果的な方法の一つです。

X(Twitter)やInstagramなどのSNSプラットフォームを通じて、定期的にReactに関する情報を発信することで、企業から直接仕事の依頼が来ることもあります。

この方法は、中長期的に見れば集客力が向上し、多くの案件を獲得できる可能性を秘めています。

SNSを活用することで、直接的な営業活動を行わずに副業案件を確保できるでしょう。

エージェント会社に登録して探す

Reactの副業案件を効率的に探すためには、エンジニア専門のエージェントサービスに登録することが効果的です。

エージェントサービスを利用するメリットは、業界に精通したエージェントが、求職者のスキルや希望に合った案件を紹介してくれることです。

特に、Reactの副業で案件は、特定のスキルセットが求められるため、専門的なマッチングは大きな利点です。

また、副業が初めての方にとっても、エージェントに相談することで、自分に適した案件を見つけやすくなります。

エージェントサービスを利用することで、Reactの副業案件を効率的に探し、自分に合った案件を見つけられるでしょう。

Reactの副業案件探しにはもう困らない!おすすめサイト5選

ここでは、 Reactの副業案件探しにもう困らない、おすすめのフリーランスエージェントを5つ紹介します。

  • 1位:レバテックフリーランス
  • 2位:ITプロパートナーズ
  • 3位:フォスターフリーランス
  • 4位:Midworks(ミッドワークス)
  • 5位:Workship(ワークシップ)

1位:レバテックフリーランス

運営会社 レバテック株式会社
公開案件数 約57,800件(2023年12月3日時点)
中間マージン 非公開
支払サイト 当月末締めの翌月15日支払いの15日サイト
福利厚生 レバテックケア(フリーランス支援やスキルアップ・生活支援)の提供
対応地域 関東(東京/神奈川/埼玉/千葉)・東海・関西・九州方面
利用料金 無料

レバテックフリーランスは、エージェント業界で、エンジニアから高く評価されています。

その理由は、レバテックフリーランスは多様な案件が豊富に揃っているためです。

また、案件数が豊富なだけではなく、リモートワーク案件数が際立っています。

フリーランスエージェントを初めて使う方や、副業やリモートワークの仕事を求めている方にとって、レバテックフリーランスは間違いなく注目すべきサイトの一つといえます。

\登録数no1のフリーランスエージェント/

【無料】レバテックフリーランスの案件を見る

応募職種 ・ネットワークエンジニア
・インフラエンジニア
・フロントエンドエンジニア
・アプリケーションエンジニア
・サーバーエンジニア
・セキュリティエンジニア
・データベースエンジニア
・テストエンジニア
・組込・制御エンジニア
・汎用系エンジニア
・その他
特徴 最大規模のフリーランスエージェントであり高収入案件を多数掲載している

レバテックフリーランスの口コミ

2位:ITプロパートナーズ

運営会社 株式会社Hajimari
公開案件数 約7,800件(2023年12月2日時点)
中間マージン 非公開
支払サイト 月末締め支払い日が翌々月の5日の35日サイト
福利厚生 なし
対応地域 首都圏(東京/神奈川/埼玉/千葉)+リモート
利用料金 無料

エンジニア向けの案件を探している方にとって、ITプロパートナーズは検討する価値のあるエージェントでしょう。

理由は、週3日以下の勤務やリモート中心の案件が充実している点にあります。

これにより、さまざまなプロジェクトに参加でき、本業と副業を両立させながら働けます。

また、エンドユーザーから直接の仕事依頼が多いことも、このエージェントの大きな魅力の一つです。

仕事とプライベートの充実を求めるエンジニアは、ITプロパートナーズが理想的なエージェントといえるでしょう。

\週2日からの案件紹介!/

【無料】ITプロの案件を見る

応募職種 ・エンジニア
・デザイナー
・マーケター
・事業責任者/プロデューサー
・その他
特徴 週1〜3日からの副業案件数は業界でもトップクラス

ITプロパートナーズの口コミ

3位:フォスターフリーランス

運営会社 株式会社フォスターネット
公開案件数 約3,100件(2023年12月2日時点)
中間マージン 非公開
支払サイト ・個人事業主:月末締めの翌月末日払い
・派遣/契約社員:基本給が翌月10日払い、調整費は翌々月支払い
福利厚生 福利厚生俱楽部(リロクラブ)の提供
対応地域 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
利用料金 無料

フォスターフリーランスは、25年にわたってエンジニアたちからの信頼を獲得してきました。

豊富な直接案件の提供と、経験豊かなコーディネーターによる専門的な支援がその理由です。

案件の提案からマッチング、給与交渉や税金関連の手続きに至るまで、幅広いサポートがフォスターフリーランスの特徴です。

コーディネーターによる丁寧なサポートのおかげで、エンジニアは安心して仕事だけに集中できています。

【無料】フォスターフリーランスの案件を見る

応募職種 ・ゲームエンジニア
・クラウドエンジニア
・テストエンジニア
・ネットワークエンジニア
・データ領域エンジニア
・サーバーエンジニア
・セキュリティエンジニア
・その他
特徴 直請け案件や高単価な案件を豊富に扱っている

フォスターフリーランスの口コミ

初めてIT系の求人サイトを利用するならこのサイトを選ぶのが良いでしょう。私のときはITエンジニアの経験を持つコンサルタントが親身になって対応してくれたので、経験者でなければわからない不安に共感してもらえたのは大きな魅力でした。経験者ならではのアドバイスは転職活動の大きな励みになりました。
紹介する求人も信頼できるものがほとんどなので安心して利用することができます。あくまでフリーランス向けの求人なので正社員待遇を希望する人には不向きですが、ITエンジニアとしての経験を積むための仕事探しには最適です。引用元:みん評

4位:Midworks(ミッドワークス)

運営会社 株式会社 Branding Engineer
公開案件数 約9,600件(2023年12月2日時点)
中間マージン 一律20%
支払サイト 20日サイト(案件によって異なる場合もあり)
福利厚生 Midworksトータルケア(生命保険半額負担・リロクラブなど)
対応地域 首都圏、関西圏、リモート
利用料金 無料

Midworks(ミッドワークス)は、多くのエンジニアに知られている、フリーランスエージェントです。

一流の企業との提携や3,000件以上の豊富な案件数と、正社員と同等の保障があることが特徴です。

また、「自分の技術力や希望に適した案件を容易に見つけられる」と、案件の品質も高く評価されています。

多くのエンジニアに高く評価されているMidworks(ミッドワークス)は、エンジニアとしてのキャリアを構築する際の優れたパートナーです。

\直エンド案件が多数!/

【無料】Midworksの案件を見る

応募職種 ・クラウドエンジニア
・テストエンジニア
・SAPエンジニア
・DBエンジニア
・ネットワークエンジニア
・サーバーエンジニア
・その他
特徴 非公開案件が多数ある

Midworks(ミッドワークス)の口コミ

5位: Workship(ワークシップ)

運営会社 株式会社GIG
公開案件数 約2,700件(2023年11月29日時点)
中間マージン 非公開
支払サイト 月末締め翌月末払いの30日
福利厚生 あり(賠償責任保険・会員制優待サービス)
対応地域 東京都 大阪府 茨城県 埼玉県 広島県 福岡県 兵庫県 愛知県 山形県 神奈川県 千葉県 京都府 静岡県 北海道 愛媛県 滋賀県 沖縄県 福島県
利用料金 無料

Workship(ワークシップ)は、会員登録完了後、関心のある案件に対して、即座に応募できるプラットフォームです。

「気になる!」のオプションを選択することで、関心のある案件に対し、企業側に直接アピールできます。

この機能を使えば、企業側があなたのプロフィールに注目し、迅速なマッチングの実現が可能です。

さらに、Workship(ワークシップ)独自の「Workshipスコア」で、自分の専門性や価値を数値化できます。

スコアが高ければ高いほど、応募先企業により注目され、案件の獲得が容易になるでしょう。

【無料】Workship(ワークシップ)で案件を見る

応募職種 ・バックエンドエンジニア
・フロントエンドエンジニア
・インフラエンジニア
・iOS/Androidアプリエンジニア
・インフラエンジニア
・その他
特徴 リモート、週1〜3日案件が豊富

Workship(ワークシップ)の口コミ

Reactを未経験から始めて副業を獲得するまでの5ステップ

ここでは、Reactを未経験から始めて副業を獲得するまでの手順を、5つのステップで解説します。

  • STEP1.Reactのスキルを身につける
  • STEP2.実際の現場で実務経験を積む
  • STEP3.副業の予定を立てポートフォリオを作り始める
  • STEP4.実績の棚卸をしてポートフォリオ再度確認する
  • STEP5.副業案件を探す

Reactは、未経験からはじめても十分に稼げます

しかし、Reactの未経験者が案件を獲得して稼ぐまでには手順が必要です。

この手順を間違えると、稼ぐどころか案件の獲得もできません。

それぞれ解説していきます。

STEP1.Reactのスキルを身につける

ReactはUI構築に特化したJavaScriptライブラリであるため、特定のスキルが必要です。

フロントエンド開発全般の知識からUI/UXデザインに関する基礎、そしてJavaScriptの操作スキルは基本です。

経験豊富なエンジニアであれば、書籍やオンライン教材を通じ、独学でスキルを上げられます。

一方で、未経験者や自信がない方は、専門のスクールを利用することで、基本的なスキルが身につくでしょう。

大切なことは、自分の現在のスキルレベルを正しく把握し、それに適した学習方法を選ぶことです。

まずはReactの基本スキルを身につけることが、副業案件獲得への第一歩です。

STEP2.実際の現場で実務経験を積む

Reactの副業で高単価案件に挑むためには、実務経験は必須です。

難易度が高い案件ほど、先述のスキルに加えて、実践的な経験が求められます。

実務経験がないことで、取り組める副業案件の範囲は限られてしまい、高単価案件の受注が困難になるでしょう。

実務経験を積む方法として、企業に就職することが最も効果的ですが、土日だけの副業や週1日の副業案件からスタートし、徐々にスキルを上げる方法もあります。

実務経験を積んでいくことで、より多くの案件に対応できるようになり、高単価の案件にも挑戦できます。

STEP3.副業の予定を立てポートフォリオを作り始める

Reactの副業を未経験から始める際は、副業に使える「日時」を正確に把握しておきましょう。

クライアントの多くは「稼働できる時間帯と時間数」に重点を置いているためです。

稼働できる時間帯や時間数は、無理なく余裕を持たせましょう。

週に8〜10時間程度から始め、徐々に時間を増やすことが理想的です。

副業のスケジュールを安定させた上で副業を始め、ポートフォリオを作り始めましょう。

STEP4.実績の棚卸をしてポートフォリオを再度確認する

副業で十分な実績を積めたと思う段階で、もう一度、実績の棚卸をしてポートフォリオを見直しましょう。

このとき、自分のスキルを正しく評価することで、次の副業案件の目標が決められます。

以下の基準を参考にして、今の自分を評価してみましょう。

  • 初級レベル

Reactの基本概念と「JavaScript XML」の構文などを理解しており、基本的なウェブアプリケーションやインタラクティブなUI部品を作成できる。

  • 中級レベル

「useState」や「useReducer」などのフック(Hooks)を使いこなせ、グローバルステートやルーティングの管理などができる。

より大規模で複雑なアプリケーションの開発や、特定の問題に対するカスタマイズされた解決策を提供できる。

  • 上級レベル

単にReactのAPIやツールを使いこなすだけでなく、アプリケーション全体の設計やパフォーマンス、セキュリティやアクセシビリティなど、ウェブ開発の多岐にわたる側面に深い理解を持っている。

自分のスキルレベルに対して誤った判断をしてしまうと、適さない案件を受注することで、トラブルに発展する恐れがあります。

このため、自分のスキルを客観的に評価し、継続的な学習でスキルを向上させることが大切です。

STEP5.副業案件を探す

Reactを未経験から副業を始めるためには、自分にできる簡単な案件から取り組むことが大切です。

高単価の案件は魅力的ですが、実務経験が必要な場合が多いため、週1や未経験可の案件から始めると良いでしょう。

多くの人は「十分に勉強してから始めたい」と考えがちですが、実はアウトプットが大切なのです。

簡単な案件を通じて実践的なスキルを身につけ、実務経験を積みましょう。

実務経験は、在宅ワーカーにとって貴重な資産であり、思い切って行動に移すことが、在宅ワーカーに求められる資質です。

自分のスキルレベルを正確に把握し、それに見合った副業案件を探して、副業をスタートしましょう。

Reactの副業でさらに高単価案件を得る方法

Reactの副業が慣れてくると、さらに「高単価の副業案件にも挑戦したい!」と思うものです。

ここでは、Reactの副業を行う中で、さらに高単価の副業案件を獲得するためには、どんなことが必要なのかを解説をします。

  • 要件定義・設計などの上流工程の経験
  • 他言語での開発経験
  • SPAの経験
  • バックエンドのスキル
  • UI/UXのスキル

要件定義・設計などの上流工程の経験

要件定義や設計など、上流工程に携わることがカギです。

これらの工程は、プロジェクト全体の方向性を決定するため、高いスキルと責任感が求められます。

結果として、これらのポジションでは、必然的に高単価となります。

また、Reactの実装技術だけでなく、ヒアリングやプロジェクトマネジメントのスキルも重要です。

本業での経験が不足している場合、プロジェクトマネージャーの資格取得などでスキルを補うことも効果的です。

経験と資格で、より高度な案件に挑戦できます。

他言語での開発経験

複数のフレームワークやライブラリのスキルを持つことは、大きな利点です。

Reactに加えて、Backbone.jsやjQuery、Knockout.jsなどの技術も習得することで、対応できるプロジェクトの幅が広がります。

これらのスキルを身につけることで、より多様な案件にアプローチができ、高単価案件の獲得チャンスも増えるでしょう。

Reactだけでなく他の技術にも目を向け、スキルを幅広く磨くことで、高単価案件を獲得できます。

SPAの経験

SPA(シングルページアプリケーション)の開発経験とReduxのスキルが不可欠です。

SPAはSEOに有利で、多くのプロジェクトで需要が高まっています

一方、Reduxは、大規模なアプリケーション開発でその力を発揮します。

これらのスキルは、高単価案件でReactとセットで求められることが多いです。

SPAとReduxの両方をマスターすることは、より多くのReact副業案件に応募でき、獲得のチャンスが広がります。

Reactのスキルを活かしながら、これらの領域で経験を積むことが重要です。

バックエンドのスキル

Reactのフロントエンドスキルだけでなく、バックエンドスキルも身につければ、高単価案件を得るチャンスが広がります。

バックエンドスキルとして、PHPやRubyなどのサーバーサイドスキルが求められることが多いです。

また、AWSやAzureなどのクラウドサービスのスキルも求められています。

実装スキルがなくても、これらのサービスに関する知識があれば、バックエンドエンジニアとのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

フロントエンドとバックエンドの両方のスキルを持つことは、より多様なReact副業案件にアプローチができる材料になるため、高単価案件を獲得しやすくなります。

さらに、バックエンドスキルも習得することで、市場価値を高められます

UI/UXのスキル

ユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)は、サービスの使いやすさや、見やすさを追求するために必要です。

UI/UXに関する知識は、より良い設計を生み出すことにつながり、上流工程におけるスキルとしても非常に価値があります

上流工程のエンジニアは、プログラミングスキルと並行してUI/UXの知識を習得することで、Reactの副業案件でさらに高単価案件を獲得できるでしょう。

Reactの副業をするときの注意点

Reactの副業を始める前に、注意することがあります。

注意を怠ると、のちにトラブルに巻き込まれる恐れがあるため十分に注意しましょう。

  • 副業禁止ではないか会社に確認する
  • 副業時間は確保できているか再確認する
  • 副業の収入が20万円を超えたら確定申告する
  • エージェントへの登録は1社でなく複数社にする

副業禁止ではないか会社に確認する

本業の勤務先が、副業を許可しているかどうかを確認をしましょう。

副業に対する制限は企業によって異なり、副業を禁止している場合や、許可制の場合もあります。

無断で副業を開始すると、勤務先との間にトラブルが生じる可能性があるため、注意が必要です。

副業を開始する前に、まずは勤務先のルールを確認し、必要に応じて許可を得るなど、適切な手続きを行うことが大切です。

副業時間は確保できているか再確認する

本業や私生活の時間配分を把握して、副業が現実的に可能かどうか再確認しましょう。

副業をするためには、現在のライフスタイルを見直し、自分の時間を管理して、実行可能なスケジュールを作成することが重要です。

これにより、副業と本業のバランスをうまくとり、両方に集中できる環境が作れます。

副業の収入が20万円を超えたら確定申告する

副業からの年間収入が20万円を超えると、確定申告が必要です。

そのため、年間を通じての収入や必要な書類を事前に整理し、準備をしておくことが大切です。

特に副業の場合は、本業との収入を合わせた総収入に基づいて税金が計算されるため、副業の収入だけでなく、本業の収入情報も正確に把握しておく必要があります。

また、必要に応じて税務の専門家に相談することも有効な対策です。

確定申告を怠ると、脱税と見なされる危険があるため注意しましょう。

エージェントへの登録は1社でなく複数社にする

エージェントサービスは、複数社の登録がおすすめです。

ただし、あまりに多くのサービスに登録すると管理が煩雑になるため、自分に合ったサービスに絞り込むことが大切です。

各エージェントサービスに掲載されている案件の種類や条件は異なるため、始めは3〜5社の登録が良いでしょう。

その中から、最適な案件を見つけられる2〜3社に絞り、案件を探します。

また、複数のサービスを活用することで、異なる案件のトレンドや市場の動向を把握するのはもちろん、自分のスキルやキャリアプランに合わせた案件を選ぶことが可能です。

Reactの副業に関するQ&A

ここでは、 Reactの副業に関するよくある質問や疑問に回答します。

  • Reactの将来性は?
  • ReactとVue.jsはどっちがおすすめ?
  • フリーランス向けの案件もある?
  • Reactの副業は土日案件はある?

Reactの将来性は?

Reactは、世界中で幅広く利用されているフロントエンド開発用のライブラリです。

グローバル市場でも需要が高いため、国内外を問わず案件を獲得できます。

日本でもReactの需要が高まっており、副業やフリーランス向けの案件も増えてきています。

このため、Reactを習得することは、エンジニアとしての市場価値を高める上で非常に有効であり、将来性も高いといえるでしょう。

ReactとVue.jsはどっちがおすすめ?

ReactとVue.jsのどちらがおすすめかは、一概には言い切れません。

自分のニーズやスキルに合ったほうを選ぶことが大事です。

ReactとVue.jsを比較して、どちらが副業に適しているかを考える際、いくつかのポイントがあります。

  • ポイント1:案件数や単価に大きな違いはない。
  • ポイント2:どちらもよく使われるフレームワークとライブラリである。
  • ポイント3:学習難易度ではVue.jsの方が低いとされている。

どちらの技術も市場での需要は高く、副業としてのポテンシャルは豊富です。

したがって、あなたがどの技術を習得し、それをどのように活用するかで決まります。

フリーランス向けの案件もある?

Reactは、副業だけでなくフリーランス向けの案件も豊富にあります。

業務委託の形態で募集される案件の中には、週5日の稼働を求める案件も多く、これらの案件は高単価であることが多いです。

フリーランスとして働く場合は、プロジェクトの性質や契約条件により、稼ぐ機会は多様です。

▼実際の案件例

引用元:レバテックフリーランス

Reactの副業は土日案件はある?

土日だけ稼働OKの案件はありますが、ほとんどの場合、作業時間が自由に選べる案件がこれに当てはまります。

クラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングサイトでは、作業時間が柔軟な案件が多く見受けられます。

一方で、フリーランスエージェントを通じて提供される案件では、最低限の稼働日数が設定されていることが一般的です。

したがって、無理なく副業を行うためには、「週2日まで」といった制限のある案件を選ぶと良いでしょう。

重要なのは、自分のライフスタイルや本業のスケジュールに合わせて、適切な副業案件を選択することです。

土日のみや作業時間が自由な副業案件を見つけ、知識やスキルを磨きながら収入を得ることができます。

▼実際の案件例

引用元: ITプロパートナーズ

Reactの副業は在宅案件が多く今からでも十分に稼げる!

Reactの案件は在宅案件が多く、副業に向いています。

世界中で需要が高まっていますが、将来は人材不足に陥る可能性さえあります。

Reactの未経験者は、基礎的な知識を付けて、簡単な副業から入り、徐々に単価の高い案件を獲得していくのが一般的な流れです。

スキルや経験が十分に備わったら、フリーランスエージェントに登録をしましょう。

今から始めても遅くはないため、すぐにでも Reactの副業やスキル習得を始めてみませんか。