onepage

ホームページを制作する際に、なんとなく色を使っていたり、自分の好きな色ばかりでサイトの配色を決めたりしていませんか?

実は、ホームページを制作するうえで色は重要な役割を果たします。色にはさまざまな意味があり、色によって人を惹きつけることもできるのです。

そこでこの記事では、ホームページ制作で大切な色の心理的効果についてご紹介します。

人に注目してもらうホームページを作りたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

メイン・ベース・アクセントカラーとは?

ホームページを作る際は、最初にテーマカラーを決めていきます。テーマカラーは、主に「メインカラー」「ベースカラー」「アクセントカラー」の3種類があります。

メインカラーは、ホームページの中心となる色です。企業のロゴカラーなどがある場合は、その色を選ぶことをおすすめします。

ベースカラーは、白色やパステルカラーなどで、ホームページを閲覧している人が見やすく、目の負担にならないような淡い色を指します。しかし、あえて黒色を背景として使い、メインカラーを際立たせる場合もあります。

アクセントカラーは、クリックに誘導したいリンクボタンなどに利用する色の事です。アクセントカラーは、メインカラーと正反対の色を選ぶことが大切です。たとえば、メインカラーが青の場合は、アクセントカラーに赤を選ぶと、人の目を惹きつけるホームページが作れるでしょう。

 

見る人に与えたい印象によって色を決める

ホームページの色を決める際は、見る人に与えたい印象によって色を決めることも大切です。ここからは、それぞれの色が持つ重要な役割をご紹介します。

 

暖色系

赤やオレンジ、黄色などの色を暖色と言います。暖色は、暖かさやエネルギー、心地よさなどの印象を見る人に与えます。

また、暖色はページから浮き上がってみる人の近くに現れるような視覚効果もあります。

暖色がもたらす色の効果は以下の通りです。

:情熱的、明るい、興奮、怒り、嫉妬、緊張、強い、熱い、派手
ピンク:優しい、可愛らしい、幸せ、ロマンチック、甘い、女らしい
オレンジ:明るい、元気、暖かい、楽しい、親しみやすい
黄色:希望、喜び、幸福、注意、幼稚、軽率、明朗、躍動
茶色:ナチュラル、地味、保守的、渋い、おとなしい、堅実

寒色系

青やパープル、緑などの色を寒色と言います。寒色はホームページ全体のトーンを安定させ、冷静なイメージを表現します。

また、見る人から遠く見えるので、ホームページの背景色に最適です。暖色は膨張色や進出色とも言い、寒色は収縮色や後退色とも言います。

寒色がもたらす色の効果は以下の通りです。

:冷たい、神秘的、知的、静か、爽やか、憂鬱、平和、誠実、冷静
:安らぎ、自然な、癒し、若さ、落ち着き、安全、公平、平凡、新鮮
:高級、不思議、優しさ、大人、知的、女性的、古典的、高貴な

色の明度とは?

色には明るさのレベルがあり、それを明度と言います。色には明るい色や暗い色があり、一番明るい色は白で、一番暗い色は黒です。青や赤などの明度はこの中間にあります。

ホームページの配色を考えるうえで明度は大切なポイントとなり、見え方に大きく影響を与えます。明度はコントラストの差を強調することができ、文字などの見え方や重要度を調節することも可能です。

 

色の彩度について

色には彩度というものがあり、色の鮮やかさの度合いを意味しています。赤や青、緑のようなはっきりとした色に白や黒色を少しずつ加えていくと、色の鮮やかさは徐々に薄れていき、彩度が低くなっていくのです。

 

色選びのポイント

最後に、ホームページの色合いで迷った時のポイントを見ていきましょう。

 

色選びに迷ったら、業種や形態に合った色を選ぶことが大切です。専門的なサービス業や士業の場合は、信頼感や誠実な印象がカギとなるので、青や水色などの寒色で鮮やかさを抑えた表現にすると良いでしょう。

医療や介護系、オーガニック系の商品の販売などは、安心感やナチュラル感を演出したいので、ベージュや緑のようななるべく自然に近い色を選ぶことをおすすめします。

また、赤色は食欲増進に効果的な色なので、飲食系のホームページにおすすめです。反対に、寒色系は食欲減退効果があるので注意しましょう。

 

このように、色にはビジネスに向いている色や向いていない色があるため、どのようなサービスやビジネスを売り出したいかによって色を選択することが重要です。特に色が決まっていないという場合は、その商品やサービスにふさわしい色を使いましょう。

まとめ

色の持つイメージは、見る人にさまざまな効果をもたらします。その色が持つイメージをうまくホームページに取り入れることで、サービスや商品、企業の持つイメージが伝わりやすくなります。

ぜひ、イメージに合った色を取り入れて、人を惹きつけるホームページを制作してくださいね。

The following two tabs change content below.
コードネームS

コードネームS

バリバリの理系学部卒業の理系人間。 特技は文理関係なく面白いと感じれること。カメラ・デザイン・数字・文章・演劇・音楽・ゲーム・サブカルなんでもやります。 そろそろコミュニケーション能力を伸ばしたい今日この頃。