onepage

コーポレートサイトをはじめとした企業や店舗のホームページは、つねに最新の状態であることが理想です。

サイトのデザインが少し時代遅れかな?開設当初よりアクセス数や顧客の数が減ってきた。ライバル企業にサイトの集客数で差をつけられ始めた!など、ホームページにまつわる悩みを抱え、リニューアルを検討されている方へ。

今回は、ホームページのリニューアルの目的の重要性や失敗しないポイントを考えていきましょう。

 

開設とリニューアルの根本は同じ

ホームページをリニューアルするにあたって「リニューアルの目的を明確化する」というのは最も重要なポイントです。

コーポレートサイトの目的は「集客」「自社PR」「問い合わせの増加」などが主であるという企業がほとんどだと思います。初めてホームページを開設した時のことを思い出してみてください。

ホームページのリニューアル、となるとついつい見た目の改善に力が入ってしまい、デザイン性の向上や見やすさなどばかりを求めてしまいがちですが、それは大きな間違い。いくらカッコいいサイトに生まれ変わっても、根本の改善ができていなければ、コストをかけてリニューアルする意味は全くありません。

ホームページのリニューアルが目的・ゴールではないはずです。新規開設でもリニューアルでも「ホームページ運営の目的」を明確化するという点においては変わりはありません。

ホームページをリニューアルしたい理由や目的を明確にしたうえで認識を共有し、優先順位をつけていきましょう。

問題点から見えてくる目的の一例

①デザインが古い⇒デザイン性の向上

最先端デザインのホームページになったとしても、アクセス数の直接的な向上には正直、あまり影響しません。しかし、サイトを訪れたユーザーの直帰率・離脱率の改善は期待できるでしょう。

極端な話、どんなに魅力的な製品やサービスを取り扱っていたり有益なコンテンツがあったとしても、まるでホームページ創世記のようなデザインのサイトであれば、ユーザーに「いまどき、webに力を入れていない企業なのかな?時代遅れだなぁ。」という印象を持たれても仕方ありませんよね。

デザイン改善を一番の目的にしてしまうと失敗のリスクが伴いますが、デザイン性を見直し向上させるというのは基本のひとつとして考えておきましょう。

 

②検索順位が上がらない⇒SEOの改善

コーポレートサイトの約8割は自然検索であるといわれています。そのなかで、検索順位が上がらないという問題点がある場合は、ホームページの現状のSEO対策に原因がある可能性があります。

SEO対策は内部のソースコードをしっかりと確認しましょう。開設当時は最新のSEO対策を講じていても、数年が経過して社会の状況やGoogleの評価基準が変化すると、意味のないものになってしまうことも少なくありません。

サイトの構造を根本から整理し見直しをして、現状に対応した構造のホームページにリニューアルすることで検索順位を向上させ、アクセス数の増加につなげましょう。

③更新のコストが負担⇒CMS(コンテンツ管理システム)の導入

CMSの導入は、ホームページを更新するのに業者に更新を依頼する手間や費用を抑えることで更新の頻度を増やし、サイトを常に最新の状態に保っておくことが可能になるという大きなメリットがあります。

WordPressに代表されるCMSは、サイト制作の専門的な知識がなくとも、ブログや画像など簡単にサイトの更新が可能なサービス。自社で思いついたときに新商品のPRや最新情報をすぐに更新できるので、機能性や即応力の向上がおおいに期待できます。

導入までの費用と時間・サーバーやセキュリティ管理などコストはゼロではありませんが、今後のサイト運営やコストを考えても、導入しておくべきサービスでしょう。

 

④スマホでの利用・閲覧に難がある⇒モバイルフレンドリー化

モバイルファーストインデックスの記事でもご紹介しましたが、この「一億総スマホ時代」、ホームページのモバイルフレンドリー化は必須です。世界では、スマホからの検索数がPCからの検索数を上回ったというデータも発表されています。

モバイル対応していないサイトは検索順位の下降・アクセス数の減少・ユーザーの満足度低下などさまざまなデメリットを生みます。

いまやモバイル対応していないサイトはユーザーに見向きもされないと言えるかもしれません。より多くのユーザーにアクセスしてもらい自社をPRすることで、ホームページの価値・企業の価値はより高まっていくでしょう。

まとめ

企業のホームページは「優秀な営業マン」でもあります。営業マンが製品・サービスをPRし、顧客を獲得して企業の価値を高めるためには何が重要でしょうか。

時代に対応できる最新の情報を手にしてユーザーの求めるものを的確に提供し、顧客を魅了する訴求力とよい印象・そして素敵な笑顔が必要ですよね。

多くの企業にとってコーポレートサイトはユーザーとのコミュニケーションツールでもあります。ゴールを明確に設定し、いま以上に多くのユーザーをゴールに導くためには何が必要かを考えることでサイトの価値は高まり、企業全体のステップアップが見込めるはずです。

 

お問い合わせ・ご相談は

 

The following two tabs change content below.
かなぴょん

かなぴょん

うさぎと暮らす動物大好きOL。趣味はファッションと2時間ドラマとお弁当箱あつめ。おいしいものとビールがあれば何より幸福。いつもラーメンを食べている。世の中のいろいろなしくみに興味があります。